中川ヒューム管工業株式会社

Nakagawa Humepipe Industory Co.,Ltd.

サステナブルな次世代コンクリート製品の量産化技術を確⽴

サステナブルな次世代コンクリート製品の量産化技術を確⽴
―鉄筋コンクリート構造部材としての活用に期待―

 弊社は脱炭素社会の実現に向け、⼀般財団法⼈電⼒中央研究所および⼀般財団法⼈石炭フロンティア機構と共同で、従来のセメントを用いるコンクリートに比べ、CO2 排出量を約 70%削減できる次世代コンクリート「EeTAFCON(イータフコン)」を開発しました。

 EeTAFCON は、セメントを使用せずフライアッシュや高炉スラグ微粉末等の産業副産物を原料とするため、サステナビリティに優れるコンクリートです。これをプレキャスト製品として実用化するため、工場設備規模に合わせた製造技術の最適化を図り、製品量産化技術を確⽴しました。また、マンホール等のプレキャスト製品を各種環境下に施工し、従来のコンクリートでは劣化が問題となる下水道において、高い耐久性を示すことを実証しました。さらに、構造部材への適用を目指し、鉄筋コンクリート製試験体の構造実験を実施しました。その結果、曲げおよびせん断強度が従来のコンクリートと遜色ないことを明らかにし、構造部材への活用に⾒込みをつけました。

 

なお、本研究の⼀部は、環境省の CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業「CO2低排出型コンクリート製建設資材の製造技術高度化及び実用化実証」プロジェクトとして実施したものです。

詳細はプレスリリース(PDF)をご覧ください。